設立背景学術研究支援室について

学術研究支援室の発足と展開

昨今、我が国の大学では外部資金の重要性が高まり、外部資金の獲得とその適切な運営は研究活動の重要な要素となっています。それに伴い各資金のルールに応じた資金の適正管理のための研究マネジメント業務が増加しており、これらが研究者には大きな負担となっています。このような状況から、学術研究懇談会(RU11)による研究担当理事・副学長懇談会において、平成21年5月より大学において研究費の申請支援や研究プロジェクトのマネジメント等を支援するリサーチ・アドミニストレーターの育成・確保について議論が始まり、 平成23年度より文部科学省「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」事業が開始されました。本学はこの補助事業の採択を受け、平成24年4月1日付けで学術研究支援室を設置しました。

さらに平成25年度から文部科学省は「研究大学強化促進事業」を開始、京都大学は本事業の採択校のひとつとしてURA制度の学内整備と研究力の強化を推進しています。本事業による補助を受け、学術研究支援室には現在20名を超えるURAが配置され、学内で研究支援業務に携わる部局URAや事務職員らと力を合わせ、研究者が研究に専念できる環境整備に貢献するよう日々努力しています。

研究大学間の政策協議を推進する趣旨で発足。京都大学、東京大学、東北大学、九州大学、 北海道大学、大阪大学、名古屋大学、早稲田大学、慶應義塾大学の9大学でスタートし、東京工業大学、筑波大学を加えて現在は11大学。

リサーチ・アドミニストレーター(URA)とは?

URAは、大学等において、研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果活用促進を行うことにより、研究者の研究活動の活性化や研究開発マネジメントの強化等を支える業務に従事する人材を指します。例えば、研究者とともに行う研究プロジェクトの企画、研究計画等に関する関係法令等対応状況の精査、研究プロジェクト案についての提案・交渉、研究プロジェクトの会計・財務・設備管理、研究プロジェクトの進捗管理、特許申請等研究成果のまとめ・活用促進などがURAの業務として考えられます(文部科学省より)。

「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」事業

「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」事業

組織図等はこちらをご覧下さい。

  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP