↑

←

INAISHI Natsuko

稲石 奈津子

研究者へのメッセージ

URAという職種はまだまだ発展途上ですが、全力で開発中ですので、どうぞ宜しくお願いいたします。

専門分野・スキル

芸術学、文学、史学、哲学、社会学

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください。

前職の大学でCOE業務を担当していた時、リーダーの先生が、このような研究支援を担う人材を「学術総合支援職」として専門職化すべきであると、学内で提案して下さったことがありました。URAという職種が日本にできる何年も前の話です。その時から学術支援という意識が芽生えたのと、財団のプログラム・オフィサーの経験を生かすことができるとおもい、チャレンジしました。

経歴

  • 財団法人セゾン文化財団 助成事業担当 プログラム・オフィサー
  • 早稲田大学 演劇博物館 21世紀COE事務局
  • 早稲田大学 演劇博物館 グローバルCOE事務局
  • 京都大学 本部構内(文系)URA室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)
  • 京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)

URAインタビュー
Q&A

  • Q. URAのやりがいを感じる瞬間は?

    支援した申請が採択された時

  • Q. URA業務でいちばん大切にしていることは?

    コミュニケーション

  • Q. 京大の中で一番好きなスポットは?

    赤レンガ館の裏庭

  • Q. 生協の学食メニューで一番好きなメニューは?

    北部オムライス

  • Q. 一番のめり込んだ趣味とそのこだわりは?

    変わったところでは、インドの弦楽器シタール。民族音楽というよりは、サイケケデリックバンド結成を夢見て。

  • Q. 好きな本やオススメの本は?

    『堕落論』(坂口安吾)

  • Q. 京都でオススメの観光スポットは?

    圓通寺

CLOSE