京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

MATSUOKA Nobuya

松岡 信也

研究者へのメッセージ

製薬企業での研究開発の経験が長く、先端科学や技術が潜在的に持つ力を引き出し産業上の価値に翻訳することに生き甲斐を持って、これまでの仕事に邁進してきました。本学の研究者の皆さんと一緒に、京都大学が世界にも誇れる知識や技術の集合体となることに貢献したいと思います。何卒宜しくお願い致します。

専門分野・スキル

薬学、創薬科学、薬理学、新薬シーズ探索、医科学、translational science(基礎と臨床の橋渡し)、神経科学、疾患病態モデル、Project Management

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください。

これまで自身のキャリアの長きにわたり製薬企業で研究開発を担当してきましたが、産業界で培った経験や知識・スキルを活かして、母校でもある京都大学からのイノベーション創出と世界への科学技術情報の発信に貢献したいと考えました

経歴

  • 京都大学薬学部薬学科 卒業
    藤沢薬品工業(株)探索研究所・研究員
    京都大学薬学部薬理学教室・客員研究員
    薬学博士(京都大学)
    米国国立精神医学研究所(Lab. of Neuropsychology, NIMH, NIH)客員研究員
    藤沢薬品工業(株)探索研究所・生物科学担当・主任研究員
    藤沢薬品工業(株)薬理研究所・中枢疾患担当・グループリーダー
    藤沢薬品工業(株)薬理研究所・中枢疾患担当・担当研究員
    藤沢薬品工業(株)中枢研究領域部長
    アステラス製薬(株)薬理研究所・神経科学研究室・室長
    アステラス製薬(株)研究推進部・戦略的研究提携担当部長
    小林製薬(株)中央研究所・研究開発部・部長
    小林製薬(株)執行役員、中央研究所・所長
    京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)
    京都大学学術研究支援室 上席専門業務職員(シニア・リサーチ・アドミニストレーター)

URAインタビュー
Q&A

  • Q. これまでの仕事で、思い出深い失敗は?

    First in the classを狙って長い間かけて進めた創薬研究で、ほぼ同じコンセプトの研究成果からなる特許が急に出願され、テーマを断念せざるを得なくなったこと

    Q. 仕事の相棒ツールは?

    コーヒー、赤インク万年筆

    Q. 仕事中や研究者時代に思わずニヤリとしてしまった瞬間は?

    自分の研究成果(発表論文)が他研究者に引用された時、また出願していた研究手法やシーズに関する特許を使いたいとライセンス供与を求められた時

    Q. URAのやりがいを感じる瞬間は?

    研究支援が結果として形になったとき

    Q. URA業務で一番苦労することは?

    直接的な研究マネジメントでないところ

    Q. URAの仕事で印象に残っているものは?

    学内イベントを企画・開催し参加した学内研究者に喜んでもらうこと

    Q.URA業務でいちばん大切にしていることは?

    スピードと品質のバランス

    Q.KURAを一言で表すと、どんなところ?

    京大愛の塊

    Q. 京大の中で一番好きなスポットは?

    時計台

    Q. 生協の学食メニューで一番好きなメニューは?

    西部生協のサラダバー

    Q. 休日の過ごし方は?

    ゴルフ、ドライブ、家族の外出のお供

    Q. 好きな本やオススメの本は?

    『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学 』 (入山 章栄)

    Q. 尊敬する人物は?

    吉田松陰

    Q. 京都でオススメの観光スポットは?

    祇王寺、光明寺、仁和寺

    Q. 性格をひとことで表すと?

    楽観的、前向き

    Q. 月に何回飲みにいかれますか?

    1-2回

CLOSE