京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

OYAMDA Aya

小山田 彩

研究者へのメッセージ

「私にしかできないこと」はないですが、「私にもできること」はあると思います。ぜひ研究のお手伝いをさせてください!

専門分野・スキル

英語教育、日本語教育、大学アドミニストレーション、国際交流事業

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください。

「大学」と「人」が好きな自分の性に合っている仕事だと思ったからです。また、財団での仕事を通じてもっと研究者の近くで仕事がしたいと思いました。

経歴

  • 早稲田大学文学部教育学コース 卒業
    Hawaii Pacific University, MA in Teaching English to Speakers of Other Languages (TESOL) 修了
    東京財団政策研究所 人材育成プログラム・オフィサー
    東京大学教育学研究科大学経営・政策コース 修士課程
    千葉大学学術研究・イノベーション推進機構 特任研究員(リサーチ・アドミニストレーター)
    京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)

URAインタビュー
Q&A

  • Q. これまでの仕事で、思い出深い失敗は?

    ドイツ出張中に再発行不可の特急電車チケットをタクシー内で落としたこと。飛行機で違う都市に行ってしまったあとでしたが、タクシーの運転手さんがホテルまで郵送してくれて無事に電車に乗れました。Danke

    Q. 仕事の相棒ツールは?

    書きやすいペン、ノート、PC(そのときの最善の方法でメモしたい)

    Q. URA業務でいちばん大切にしていることは?

    支援のすき間を見つけてフォローする(ようになりたいです!)

    Q. KURAを一言で表すと、どんなところ?

    温かい職場

    Q. 休日の過ごし方は?

    京都の寺社めぐり、運動、野球観戦、旅行

    Q. 一番のめり込んだ趣味とそのこだわりは?

    学生時代から社会人まで趣味でソフトボールを続けています。硬球(革)ボールの方がボールが飛ぶので楽しいです。

    Q. 京都でオススメの観光スポットは?

    観光スポットではないですが、近所のコンビニの店員さんが優しくて何度も行きたくなります

    Q. 性格をひとことで表すと?

    心配性だけど前向き

    Q. 月に何回飲みにいかれますか?

    お酒は飲めませんが、酔わなくても盛り上がれるタイプなので誘われれば行きます

CLOSE