京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

SEKI Jiro

関 二郎 副室長(本部系)

研究者へのメッセージ

研究を大きく発展させたい時、是非KURAにご相談下さい。多様なバックグランドとネットワークを持つ40名強のURAが、研究者の視点に立って支援させて頂きます。

専門分野・スキル

薬学、医学、毒性学、生物学

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけは?

企業研究者として定年が近づき、新たなチャレンジの場を探し始めた時、京都大学URAの募集を知りました。京都大学の研究力、教育力向上は、日本の研究力ひいては国力向上に直結する大変やりがいのある仕事であると感じたこと、これまでの経験が生かせるのではないかと考えたことから、セカンドキャリアとして選択しました。

経歴

  • 京都大学農学部水産学科 卒業

    藤沢薬品工業(株)中央研究所 研究員

    大阪大学大学院医科学修士課程

    藤沢薬品工業(株)新薬研究所 主任研究員

    博士号取得(医学、大阪大学)

    University of Washington 客員研究員

    藤沢薬品工業(株)薬理研究所 研究室長

    藤沢薬品工業(株)安全性研究所 研究所長

    アステラス製薬(株)安全性研究所 研究所長

    アステラス製薬(株)安全性研究所 シニアリサーチフェロー

    京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(シニア リサーチ・アドミニストレーター)

URAインタビュー
Q&A

  • Q. 研究活動において思わずニヤリとしてしまった瞬間は?

    立てた仮説が期待通りに実験で検証できたとき

    Q. KURAを一言で表すと、どんなところ?

    方向性を持ったカオス

    Q. 京大の中で一番好きなスポットは?

    正門

    Q. 休日の過ごし方は?

    海釣り、水泳、ゴルフ、映画、歌舞伎、美術館

    Q. 一番のめり込んだ趣味とそのこだわりは?

    水泳、何歳になっても200m個人メドレーが泳げる泳力を維持すること

    Q. 好きな本やオススメの本は?

    『海賊とよばれた男』(百田直樹)、『逃亡』(帚木蓬生)、『下町ロケット』(池井戸潤)、『楽園のカンバス』(原田マハ)

    Q. 性格をひとことで表すと?

    温厚

    Q. 月に何回飲みにいかれますか?

    3~4回(晩酌は毎日)

CLOSE