↑

活動報告

KURA HOUR拡大版「WEBと研究者のつきあい方」を開催しました(2018年3月19日)

03.27 (Tue)2018

京都大学附属図書館ライブラリーホールで2018年3月19日(月)、KURA HOUR拡大版「ウェブと研究者のつきあい方」を開催し、学内外の研究者や広報担当職員、図書館職員など35人が参加しました。

本セミナーには、研究を発展させるウェブの可能性について常に追求してきた山本祐輔講師(静岡大学)、岡本真代表取締役(アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG))を講師としてお招きしました。



山本祐輔講師/静岡大学

 


岡本真代表取締役/アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)

 

講演とパネルディスカッションでは、研究活動におけるウェブの使い方にとどまらず、研究をもっと活性化させるためのクラウドソーシングなどの活用法、研究者がウェブサイトを作るときの目的意識の持ち方など、広範なテーマが議論されました。


小野英理特定講師/情報環境機構IT企画室(WEB戦略室)をまじえたパネルディスカッション

 

KURAでは今年度も、リサーチ・アドミニストレーター(URA)や研究支援スタッフのショートレクチャーシリーズとして、KURA HOURを定期開催しますのでぜひご参加ください。

今回のKURA HOUR拡大版は、第24回KURA研究会、附属図書館研究開発室セミナーとしても開催いたしました。

また企画・広報グループの天野絵里子URAが企画運営にあたりました。

URA紹介ビデオ

参考:『WEB虎の巻

 

CLOSE