京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

<北部・本部構内(理系)地区>内閣府 ムーンショット型研究開発制度の検討状況報告と申請準備に向けたアドバイスセミナーを開催しました(2019年7月18日)

07.26 (Fri)2019

京都大学学術研究支援室(KURA)は、2019年7月18日に「内閣府 ムーンショット型研究開発制度の検討状況報告と申請準備に向けたアドバイスセミナー」を北部・本部構内(理系)地区の研究者を対象に開催しました。

本セミナーは、今年度内閣府が新規事業として進めている「ムーンショット型研究開発制度」に興味関心を持たれている研究者の方々に、本格的な公募が開始される前に少しでも早く情報を提供し、申請に向けて準備期間を作っていただくことを目的として実施しました。

研究者や事務職員など24名が参加し、質疑応答では、想定される予算規模やPMとして参画した場合に望まれそうなエフォート、企業参画の必要性などの質問が出ました。セミナー直後に、大型競争的外部資金の取り巻く現況、申請におけるチーミングの重要性、申請に向けて本学としてどう取り組むべきかといったご意見を数名の参加者から直々にお聞かせいただきました。

今回のセミナーは伊藤 健雄URAが30分ほど説明し、企画・運営は森脇 一匡URAと浅見 智子URAが主に行い、当日の運営サポートは高橋 和彦URA、鈴木紀子URA、桑田 治URAも加わる形で執り行いました。

セミナー後に寄せられたご感想やアンケート調査結果によると、ムーンショット型研究開発制度が正式に公募開始された際、「公募申請に向けた学内説明会の実施」をご希望される声も多く、実施に向けて調整していきたいと考えています。また、本公募はチーミングが非常に重要になることを踏まえ、「申請に向けたネットワーキング構築するための交流会」や「大型研究資金獲得者が語る攻略法の講演」などの企画も検討しています。
今後のイベントも、研究者のご要望に添った内容になるようさらに工夫していきたいと思います。

<イベント詳細>
https://www.kura.kyoto-u.ac.jp/event/169


セミナー会場の様子


説明する伊藤URA

CLOSE