↑

学内ファンド

【間:AI DA】京都大学・DAADパートナーシップ・プログラム (2020 – 2021) 募集(〜9月17日)

[間:AI DA(Ambitious Intelligence ・ Dynamic  Acceleration)]は、KURAが国際的なファンディング機関等と協働して開発し運営する研究の国際化を推進するプログラムの総称で、志の高い若手研究者(ECR)のキャリアアップを後押しすることを目指すものです。
現在ドイツDAADと共同でパートナーシッププログラムが実施されています。

○京都大学・DAADパートナーシップ・プログラム (2020 – 2021)

京都大学はドイツ学術交流会(DAAD)との間で若手研究者の研究交流を促進するマッチングファンドプログラム「DAAD – Kyoto University Partnership Program」 を設立しました。本プログラムは、京都大学およびドイツ国内の高等教育・研究機関に所属する志の高い若手研究者(Early Career Researcher: ECR)の双方向への短期海外派遣を通じて、日独を中心とする研究グループ間で「国連の持続可能な開 発目標(SDGs)」達成に資するような未来につながる国際共同研究ネットワーク を構築することを目的としています。本プログラムによる短期派遣からの帰国後もECRが国際共同研究グループ間の交流を活性化する「触媒」の役割を担うことで 、外部資金獲得につながる優れた国際共同研究の推進や、海外の優秀な研究者の呼び込みにつながる波及効果を期待しています。

※(参考)DAADとのマッチングファンド設立の経緯について
本学はドイツ学術交流会と日本で初めて「国連の持続可能な開発目標」を共通目標に掲げたマッチングファンドプログラムを開始しました。(2018年6月14日) — 京都大学

*令和2年度(2020 – 2021)の募集 *終了しました

  • 次の3タイプの取組を支援します:
      Type 1:京都大学とドイツの大学・研究機関から若手研究者(ECR)を双方向で派遣する。 
      Type 2:京都大学からドイツの大学・研究機関へ若手研究者(ECR)を派遣する。
      Type 3:ドイツの大学・研究機関から京都大学へ若手研究者(ECR)を派遣する。
  • 支援額 :1件あたり上限100万円(旅費、学会・シンポジウム参加登録費等)
  • 支援期間:2020年4月1日~2021年3月31日
  • 申請期限:6月17日(月)~9月17日(火)

詳細は、令和2年度(2020年度)公募要領をご覧ください

*公募説明会・交流会を開催しました。詳細はこちら(2019年6月20日、7月2日)*終了しました

これまでの研究者派遣

過去のドイツ派遣 採択プロジェクト

過去の採択者の派遣レポートは、Kyoto-DAAD 研究者レポートのサイトをご覧ください。

ニュース・関連トピックス

CLOSE