京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

タイポロジー・プロジェクト(2015~2016)

URAの活動 (Bメニュー)基盤整備

 
 

プロジェクトの紹介

学術研究支援室(KURA)は様々な研究支援サービスを設計、運営しています。このサービスの価値を最大化するためにも、研究支援情報を対象者に適切に届けることが重要な責務となっています。そのため、情報伝達の達成度を評価することが、サービス設計の改善検討に繋がります。そこで、3000人を超える京都大学の研究者に対してどういった支援が最適なのかを、日々検討しています。本プロジェクトは、「支援情報」を媒体とし、「研究者目線」を合言葉に、様々な専門分野の研究者と横断的に向き合いながら、支援事業改善の糸口を探ります。

CLOSE