京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

研究支援情報

海外ファンドへの申請支援

学術研究支援室(KURA)は、海外の競争的資金に応募する研究者を積極的に支援しています。具体的には、Horizon2020、National Institutes of Health (NIH)、AXA Research Fund、Human Frontier Science Programなどの欧米の大型研究資金に対して、公募情報の提供、申請書のブラッシュアップ(内容改善および英文校閲)、共同研究機関との仲介までリサーチ・アドミニストレーター(URA)が学内担当部局事務と協力して進めていきます。在外研究を目的とした海外ファンド(Harvard Yenching Program, Abe Fellowshipなど)も支援しています。

海外ファンド獲得支援制度の概要

支援内容

申請書の作成支援・模擬面接

各ファンドの審査の観点に沿った申請書の改善や模擬面接を必要に応じて実施します。本学の申請代表者が英語のネイティブチェックを受けられない場合、申請書の英文校閲を外注することも可能です(応相談)。

共同研究機関・資金提供機関との仲介

海外の研究者と共同で申請する場合、共同研究機関や資金提供機関の担当者とURAが連絡を取り合い、必要な書類の作成を行います。カバーレター、共同研究契約、予算書などの作成に加えて、機関代表者の署名や事務担当者の登録手続きをURAが仲介します。NIHやHorizon 2020などの機関申請型の海外ファンドにはURAの仲介・登録が必要となるので、必ず下記問い合わせ先までご連絡下さい。

海外ファンド情報の提供

希望する分野や用途に応じて、URAが申請可能な海外ファンドの情報を提供します。またHarvard Yenching ProgramHuman Frontier Science Programなどのファンド担当者による公募説明会を学内で実施することもあります。

 

主な海外ファンド

以下の海外ファンドの申請を定常的に支援していますが、その他の海外ファンドを申請する場合も随時お問合せ下さい。

  • National Institutes of Health (NIH)
    医学・生物学分野における米国の政府系ファンド
     
  • Horizon 2020 (日本語)
    欧州内外の複数国の研究機関・企業等が連携し、全欧州規模で研究の革新的な産業化を目指すプロジェクトを助成するプログラム
     
  • Human Frontier Science Program
    生体の精妙かつ複雑なメカニズムに焦点を当てた、様々な分野(物理学、数学、化学、情報科学、工学等)の専門家のチームによる国際共同研究を支援するプログラム
     
  • AXA Research Fund
    分野を問わず「リスク」をテーマとした研究プロジェクトを支援し、講座新設・ポスドクの雇用に利用できる民間ファンド
     
  • Harvard-Yenching Institute Visiting Scholars Program
    人文社会科学系研究者を対象にハーバード・イェンチン研究所で10カ月滞在できるプログラム
     
  • Abe Fellowship Program (日本語)
    4つのテーマに沿った人文社会科学系の研究プロジェクトを支援し、米国の研究機関に最長1年間滞在できる奨学金

 

その他ファンド情報サイト

 

お問い合わせ

海外ファンドの申請支援・情報提供を希望される方は、以下まで依頼内容をお知らせ下さい。
 京都大学学術研究支援室(KURA)海外ファンド獲得支援制度担当(若松、鈴木)
 内線:16-5163
 E-mail: foreigngrant*kura.kyoto-u.ac.jp *は、@に変更してください。

CLOSE