アディスアベバ大学との大学間学術交流協定締結を支援しました(2017年9月20日) 活動報告

Date : 2017.09.28

2017年9月20日、京都大学の山極壽一 総長と稲葉カヨ 理事・副学長がエチオピアの首都アディスアベバを訪問し、アディスアベバ大学との大学間学術交流協定を締結しました。この締結には、学術研究支援室(KURA)のURAも支援に携わりました。

今回の訪問には、長年同大学との交流を続けてきた重田眞義 アフリカ地域研究資料センター長/アフリカ学際研究拠点推進ユニット長に加え、太田至 アジア・アフリカ地域研究研究科長、舟川晋也 地球環境学堂長ら、アフリカ研究に携わる学内関係者も多数同行しました。

アディスアベバ大学とは、本学のアフリカ地域研究資料センターや人間・環境学研究科を中心に、文化人類学や地質学等の分野で学術交流を深めてきました。また、本学のアジア・アフリカ地域研究研究科や霊長類学研究所で学位を取得したエチオピア出身の教員数名が、同大学に在籍しています。

今回の大学間学術交流協定調印式には、両大学におけるこれまでの交流実績を称え、本学からは山極総長、稲葉理事・副学長、アディスアベバ大学からはJeilu Oumer 同副学長・学長代理、Demeke Achiso 同国際関係部長が出席し、協定書に調印しました。

続いて基調講演に立った山極総長は、WINDOW構想について述べた後、本学で培われた基礎研究がどのようにアフリカ社会の課題解決に貢献してきたか、自身のゴリラに関する研究やNGOを通じた環境保全活動を例に挙げながら説明しました。

そしてアフリカ社会への窓口として活動している本学のアフリカ学際研究拠点推進ユニットを紹介し、今後も本学とアフリカの研究機関との学術交流を積極的に展開していくことを誓いました。

また午後からは、北海道大学が主催する日本留学フェアが同じ会場で開催されました。日本の大学への留学に関心を持つアディスアベバ大学の学生が会場を埋め、本学の個別相談ブースにも70人以上の参加者が訪れました。

さらに本学一行は市内のホテルで開催された京都大学アフリカ同窓会総会にも参加。新旧の交流を温める貴重な機会となりました。

KURAはアフリカ学際研究拠点推進ユニットと連携し、アフリカ地域内の大学・研究機関等との協力関係を強化しています。現在、同ユニットとアフリカ地域関連部局が中心となり、アフリカ中部東西にまたがる諸国の中核的な国立大学と積極的に大学間交流協定を締結しています。今回のアディスアベバ大学との締結により、アフリカにおける協定校は10校目となり、KURAのURAがそのうち5校の締結支援に携わりました。

アディスアベバ大学構内での
大学間学術交流協定調印式
基調講演を行う山極総長
  • 京大新刊情報ポータル
  • K.U.Research

研究を加速させる支援を。

PAGETOP