京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

メッセージ

-京都大学の「卓越した知の創造」を支える-

PHOTO

京都大学は1897年の創立以来、「自重自敬」の精神に基づき自由な学風のもと、自由で創造的な研究を尊び、新たな知的価値を創出して創造的な学問の世界を切り拓き、9人のノーベル賞や3人のフィールズ賞の受賞者を排出するなど、我が国を代表する研究大学として大きな成果をあげてきました。また、2017年には指定国立大学法人の指定を受け、新たな道のり歩き始めています。

これからも京都大学は、この120年余に弥力強い歩みを確実に未来に繋ぎ、現代の社会と人類が直面する多くの課題解決に真摯かつ果敢に挑戦し続け、社会に貢献していきます。そのためには、研究者らが最大限にその能力を発揮して、学問の本質を探究し、世界を牽引する独創的な研究を推進しうる環境を保持すること、研究者らが異なる能力や発想に出会い、多様な学問分野間の協力関係を形作る場を提供していくことが重要です。

そこで本学では、平成24年度より、研究担当理事直下に学術研究支援室(KURA)を設置し、大学の改革、研究力強化、国際化等を戦略的に支援・推進するリサーチ・アドミニストレーター(URA)を配置しています。現在KURAは、本学の機能強化や部局等の学内組織間連携、国際化、研究環境改善などを支援・推進するとともに、本学の強みを生かした学際融合研究シーズの育成、大学の国際的なプレゼンスの向上などに資する多様なプログラムを運営しています。本学が広い世界的視野を堅持し、新たな知的価値の創出と豊かな人材の育成を推進するためにKURAは不可欠な組織として定着しつつあります。今後もさらにこの研究力強化推進・支援体制を充実し,京都大学のKURAが日本におけるリサーチ・アドミニストレーション組織のモデルとなるよう努めてまいりますので、皆様のご理解とご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

令和2年10月

京都大学

第27代総長  湊長溥

KURAのミッション

PHOTO

学術研究には、特定の研究分野に集中して深く掘り下げることと共に、異なる分野の成果を自分の研究に応用して共同研究を行うことではじめて重要な発見が可能な場合があります。みなさんも、自分とは全く異なる分野の演者による講演を聞いて、こんな考え方もあるんだ、と感動し、それを自分の研究に活かせないかお考えになったことがあるでしょう。しかし、忙しい研究者のみなさんがさまざまな異分野研究会に参加することはできないので、そのような飛躍のチャンスを日頃みすみす逃しているかもしれません。

URA (University Research Administrator)は、それぞれがアカデミーあるいは企業等での研究・開発した実績と得意とする専門分野をもち(多くのURAは博士号を取得しています)、一見遠く離れた研究者同士の共同研究のマッチングを お手伝いします。その他、大学全体の戦略的研究体制 のあり方(IR, institutional research)、本学が国際的に確たる地位を得るための方策検討など、大学の将来構想へのお手伝いも重要な使命です。大学の研究力を戦略的に高めることへ貢献することがURAのミッションといえます。

KURA(Kyoto University Research Administration Office、京都大学学術研究支援室)は2012年に設立されました。その後みなさまのお役に立つことを目指して、2016年には学内URAが一つの組織に所属し同一施設(学術研究支援棟)に勤務することで、そのネットワークをさらに一層拡げる今の体制となりました。現在、人文社会系領域から理工・生命医学農学領域にいたる幅広い分野にわたって40名以上のURAが日夜活動を展開しており、高い評価を受けております。みなさまのKURAへのご理解・ご協力と、サポートを必要とする場合には所属するURAに積極的にご相談いただけますようお願い申しあげます。

令和4年4月

学術研究支援室

室長 石川冬木

〜大学改革と将来構想を担う重要なPieceとして定着〜

CLOSE