京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

  • PHOTO PHOTO

    NEWS

    <学内ファンド>コアステージバックアップ研究費、公募中

  • PHOTO PHOTO

    EVENT

    KAKENHI Online Seminar is coming soon !

  • PHOTO PHOTO

    NEWS

    URAによる研究計画調書のブラッシュアップを行っています

  • PHOTO PHOTO

    NEWS

    京都大学-DAADパートナーシップ・プログラム 募集スタート

  • PHOTO PHOTO

    NEWS

    URAによる政府系資金の申請支援を行っています

  • PHOTO PHOTO

    RESULT

    大学改革と将来構想を担
    う重要なPieceとして定着した学術研究支援室

  • PHOTO PHOTO

    MESSAGE

    京都大学の「卓越した知の創造」を支える

00

新型コロナウイルス感染のリスク低減、職員の健康の維持・増進及びエネルギーの消費削減のため、当室では8月11, 12日の夏期一斉休業日に加え13, 14日を閉室といたします。閉室期間中のメール等でのご連絡に関しましては、原則8月17日(月)以降の対応となりますので、皆さまにはご迷惑をおかけすることとなりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 (13、14日は閉室となっておりますが、ヒアリング審査支援を担当するURAは出勤可能な態勢としておりますので、お困りのことがあればご連絡下さい)

現在、学術研究支援室(KURA)では在宅勤務(テレワーク)の実施に伴う態勢変更のため、問い合わせ電話の受付を制限しております。
各種問い合わせについては、電話ではなくメニューの「お問い合わせ」内のフォームからお願い致します。

メンバーメッセージ

KURAメンバーを動画でご紹介します。

  • 研究者経験を
    活かした
    アドミニストレーションを

    伊藤 健雄

  • 「研究環境を変えたい」
       変わらない思い

    白井 哲哉

  • 大切にしているのは
    「マイノリティ感覚」

    佐々木 結

  • 研究者の
    ライトハウス的
    存在に。

    浅見 智子

  • 「世に出したい」
    その想いの
    力になりたい。

    天野 絵里子

  • 研究者の目指す世界、
    実現の一助に。

    鮎川 慧

  • 研究者の声を、
    学術全体の発展に
    繋げる。

    大西 将徳

  • チームの力で、
    ニーズに応えていく。

    高橋 和彦

  • 仕事の姿勢は
    「URA以上・研究未満」

    若松 文貴

CLOSE