京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

OKAMOTO Masahiko

岡本 昌彦

研究者へのメッセージ

京都大学の研究者の方々と一緒に,世界的に卓越した知の創造に向けて,微力ながら貢献していきたいと思っています.

専門分野・スキル

生物有機化学,有機分析化学,計測科学,物質・材料科学,研究開発マネジメント,知的財産(特許)

リサーチ・アドミニストレーターになったきっかけをお聞かせください。

総合化学会社で多くの研究開発プロジェクトに関わりました.この間に実務家として培ってきた経験,知識,スキル,ネットワークを大学における知の創造活動に活かしたいと考えたからです.

経歴

  • 京都大学大学院農学研究科博士課程修了(農学博士)
    住友化学株式会社 生物環境科学研究所 研究員,主任研究員,主席研究員
    住友化学株式会社 有機合成研究所 チームリーダー(課長),グループマネジャー(部長)
    住友化学株式会社 生物環境科学研究所 グループマネジャー(部長) 
    住友化学株式会社 先端材料探索研究所 グループマネジャー(部長)
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 プロジェクトマネジャー
    大阪市立大学 リサーチ・アドミニストレーター
    京都大学学術研究支援室 特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)

URAインタビュー
Q&A

  • Q.これまでの仕事で、思い出深い失敗は?

    若手時代,単身での海外出張で,時差の関係を良く把握しないまま旅程を組んでしまい,現地到着日のホテルが予約できていなかった(幸い空き室が見つかり,事なきを得ましたが).

    Q.仕事中や研究者時代に思わずニヤリとしてしまった瞬間は?

    思いがけず自分の研究成果(論文)が引用されているのを見つけた時.

    Q.URAのやりがいを感じる瞬間は?

    研究者と一緒に達成感を分かち合えたと感じた時.

    Q.URA業務で一番苦労することは?

    研究者をはじめとする関係者とスコープや価値観を共有すること.

    Q.URA業務でいちばん大切にしていることは?

    顧客目線.自らの役割を正しく認識して,相手の立場になって能動的に行動すること.

    Q.KURAを一言で表すと、どんなところ?

    多様なバックグラウンドと哲学が混在するところ.

    Q.好きな本やオススメの本は?

    文明が衰亡するとき(高坂正堯 著)

    Q.京都でオススメの観光スポットは?

    真如堂,金戒光明寺,泉屋博古館,赤山禅院

    Q.性格をひとことで表すと?

    「温厚」

CLOSE