京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

第38回京都大学宇治キャンパス産学交流会<エネルギー理工学研究所>の開催に協力しました(2021年7月1日)

07.11 (Sun)2021

2021年7月1日に第38回京都大学宇治キャンパス産学交流会<エネルギー理工学研究所>をオンラインで開催しました。本交流会は今年度で11年目を迎えました。京都大学学術研究支援室(KURA)宇治地区担当のURA(池田 郁子URA、村田 卓也URA、田上 款URA)が宇治地区の4研究所の窓口として開催に協力しています。本交流会の第一部の講演会には約50名、第二部のグループミーティングには約20名の参加がありました。

第一部の講演会では、京都大学エネルギー理工学研究所の研究紹介として、中田栄司 エネルギー理工学研究所准教授より「酵素を1分子ずつ並べる技術―カスタム装置開発の紹介も併せて―」と題する講演があり、試験管内での高効率な物質変換システムの構築を実現するために開発されてきたDNAのナノ構造体を足場として酵素を並べる技術の紹介、および反応速度を測定する装置の開発の紹介が行われました。次に、全炳俊 エネルギー理工学研究所助教からは、「中赤外自由電子レーザの開発とその応用」と題する講演があり、エネルギー関連研究への応用を目指して開発が進められてきた大強度、かつ波長を自在に変えることが可能な中赤外自由電子レーザーの現状について、様々な利用展開例の紹介と、将来の展望についての紹介が行われました。第一部の最後に、企業からの講演として、英興株式会社 京都営業所 淡海栄里可氏より、「『想いをカタチに』 ~お客様のご要望をワンストップサービスでカタチにします~」と題する講演があり、会社の特色や産学連携の歩みに関する紹介が行われました。第二部のグループミーティングでは、Zoomのブレイクアウトルームを活用し、3名の演者それぞれのブレイクアウトルームにおいて活発な交流が行われました。

最後に、京都府中小企業技術センターけいはんな分室をはじめとする関係者の皆さま、エネルギー理工学研究所の先生方とスタッフの皆さまに感謝の意を表します。

関連リンク


中田 栄司 准教授


全 炳俊 助教

CLOSE