京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

大阪国際サイエンスクラブと第2回国際交流懇談会を開催しました(2022年3月16日)

03.26 (Sat)2022

京都大学学術研究支援室(KURA)の【間:AI DA】チームは、2022年3月16日に、大阪国際サイエンスクラブと共同で第2回「若手研究者の国際研究交流から世界のサイエンス動向を知るセミナー」シリーズを開催しました。
本セミナーは、【間:AI DA】プログラムのゆるやかな間柄パートナーである大阪国際サイエンスクラブと共に2021年より企画・実施しています。同クラブの会員である学識有識者や経営者と、主に京都大学・DAADパートナーシップ・プログラム(京都DAADプログラム)の採択者である若手研究者が人脈形成をしながら、研究活動の話題を中心に対等な立場で意見交換を行い、両者の交流を促進することを目指しています。
第2回は、京都DAADパートナーシップの2019年度の採択者である一柳 絵美 さん(自然エネルギー財団研究員・京都大学大学院 地球環境学舎 博士後期課程出身)にご登壇いただき、「『ドイツの脱炭素戦略』~公正な移行に向けた道筋と無作為抽出の市民参加型の政策形成とは?~」と題してご発表いただきました。同クラブの会員である学識有識者やエネルギー関連の企業関係者等およそ30名がオンラインで参加し、発表後にはドイツや日本の政策形成の違いに関する質疑応答等、活発な意見交換が行われました。
本イベントは、【間:AI DA】チームの 園部 太郎 URAを中心に企画・実施されました。今後も【間:AI DA】チームでは、志の高い若手研究者への支援の提供、そして若手研究者を共に応援するパートナーとの「間柄」の醸成を進め、本学の研究活動の推進に貢献したいと思います。

CLOSE