京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

いしずえ

URAの活動 (Bメニュー)国際学際資金提供

 
 

プログラムの紹介

研究のさらなる進展を目指す研究者の、科研費獲得における種目のステップアップを支援する学内ファンドです。
具体的には、これまでに研究代表者として採択された科研費の最大種目より大型の種目に挑戦する研究者を対象に経費面での支援を行います。さらに、学術研究支援室(KURA)の科研費獲得推進プログラムとも連携することで、資金面だけでなく、研究内容にまで踏み込んだきめ細やかな支援を心がけています。また、研究フェーズや年齢層に応じた効果的なファンド構築を目指して毎年事前調査を行い、制度を設計しています。これらの企画・設計・運営・評価・改善を通じて、URAのPM能力の向上も目指しています。

担当者

リーダー:鮎川URA

採択者の声

・より大きな科研費の獲得に向けた金銭的な研究支援は、研究継続を資金不足により断念せねばならない状況を回避でき、私自身がより大きな額のファンドを取りに行こうという意欲を湧き立たせるのに大いに役に立った。

・【いしずえ】の申請書は、科研費への採択を目標に現在取り組んでいる研究の多角分析を促し、不足している点が浮き彫りになるよう設問が配置されているため、自身の研究を見つめ直す良い機会になりました。このことがその後の科研費獲得の大きな一助となったことは間違いなく、今後も科研費へ応募する際は事前に「【いしずえ】の申請書」を作成しようと思います。

・いしずえの支援によって科研費の申請に向けて十分準備できたと思いますし,また実際科研費の申請に関してKURAスタッフによる訪問,親身な相談および申請書のブラッシュアップはとても参考になりました。

・4月の科研不採択の連絡後、いしずえによるフォローが受けられるお知らせが舞い込み、研究計画書を提出して、いしずえに採択されるまでの時間が短時間で、とてもスピーディな体制が確立していて、素晴らしいと思う。

CLOSE