京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

研究支援情報

研究成果の社会への発信・対話支援

社会への発信や市民との対話など、研究広報にまつわる活動が研究者自身に求められる機会が増えています。また、研究広報は研究を推進する有益なツールにもなります。研究広報に関する専門の知識・スキルを持ったURAが、個々の研究者/研究プロジェクトだけではなく、組織や大学全体におけるそれらの課題・ニーズについても対応しています。 専門外の人への研究の伝え方についての講座、WEBやマスメディアを使って研究を伝える方法についての講座やアドバイスを行うとともに、随時情報発信・広報戦略のアドバイスを行っています。 研究広報についてお悩みの方は、まずはお問い合わせください。

国民との科学・技術対話(双方向のコミュニケーション活動)支援

「京都大学アカデミックデイ」

研究広報にまつわるレクチャー

「マスメディアを使って研究を伝える方法」(KURA HOUR)
「専門外の人に研究を伝える方法」(KURA HOUR)

研究広報に関するハンドブック

WEBの作成方法をまとめた【WEB虎の巻】
マスメディアを使って研究を伝える方法をまとめた【プレスリリース虎の巻】

イベントの開催支援・アドバイス事例

気候変動や環境問題について次世代研究者とともに考える【IPCCウィークス】の企画・開催

お問い合わせ

学術研究支援室(KURA) contact*kura.kyoto-u.ac.jp *を@に置き換えてください

CLOSE