京都大学 学術研究支援室 Kyoto University Research Administration

↑

←

第79回ASEAN科学技術イノベーション委員会にて発表を行いました(2021年6月16日)

06.26 (Sat)2021

2021年6月16日、オンラインで開催された第79回ASEAN 科学技術イノベーション委員会(ASEAN COSTI-79)の公式プログラムに、日本から唯一、園部 太郎 URA・ASEAN拠点副所長と斎藤 知里 URAが招かれ、日ASEAN間での国際共同プロジェクトを支援する”STI Coordinator”の育成に関する発表を行いました。

ASEAN COSTI-79とは、ASEAN事務局および10加盟国の科学技術関係省庁の次官級代表者が集うASEANの公式会合です。また、STI Coordinatorとは、科学技術イノベーションを目指して様々なステークホルダー間の橋渡しを行い、国際的なプロジェクトの推進に不可欠な国際共同プロジェクトをコーディネートする人材の総称であり、 URAも含みます。

当日は「Executive Summary Report on Joint Project of Online Seminars for Human Capacity Development of STI Coordinators」と題し、園部URA・ASEAN拠点副所長が、日ASEAN間での研究支援に従事するSTI Coordinator育成に関する共同プロジェクトの成果について発表を行いました。

発表後、議長国を含めた複数国の代表より、コロナ禍においても本学が主導して共同プロジェクトを継続したことに関する謝辞が述べられ、日ASEANの協力による STI Coordinator人材育成の推進に対して期待していると極めて好意的な反応がありました。本学URAが世界に先駆けて主導してきた提案は、翌17日に開催された第11回非公式ASEAN科学技術大臣会合の共同メディア声明で明記されました。本件は本学のウェブサイト、および文教速報等にも掲載されています。

KURA国際グループは、本学の重点地域であるASEANとの相互発展へ今後とも貢献していきます。

関連リンク


オンラインでの会議の様子


園部太郎URA/ASEAN拠点副所長


報告書の表紙

CLOSE